スタッフブログ

秋山章の色打掛~香寿蘭~

香寿蘭(こうじゅらん)

アトリエのぬくもりの中で温め、はぐくみ、磨き上げた一襲のうちかけ。

伝統とは革新の気風で鍛えてこそ「見事」が生まれます。

咲き誇る蘭を大胆にモチーフに選び、古い古い伝統工芸の本手描友禅 金彩工芸 貝螺鈿工芸の匠の業を結集した、

白地に花模様の華やかな色打掛です。

白雅二重紋地に金箔の裏地、日本伝統儀式衣装友禅保存協会の作品なればこその贅の極みです。

 

うちかけ一面に咲き誇る蘭の華麗な舞踊をご覧ください。