スタッフブログ

小さなころの思い出は・・・

誰しも子供の頃の「お気に入り」なものってありますよね?

宇佐美家の次男の「お気に入り」は手のひらサイズの小さな犬のぬいぐるみ。

あの当時、兄にはグリーンを。

次男にはブルーを色違いで買ってきた。

長男はとっくになくしてしまったけれど・・・

次男はいまだに大事にしてる♪

そうゆうところが母性本能くすぐって、キュン♪となってしまう馬鹿母(笑)

先日、次男の下宿するアパートへ出かけて行った時も、ちゃんと奴はいた!

もうボロボロになっていたけれど、ちゃんと奴はいた。

次男の部屋に。

 

なんだか安心と、あの当時が蘇ってきて、ちょっとだけセンチになってしまった。

きっと奴が次男の守り神になってくれているのだろうと思う。

「お気に入り」に感謝♪