参列者用衣装

留袖

婚礼時に着用するお母様の正礼装です。
お母様(既婚女性)がお祝いの席で黒留袖を着るのは、黒はどんな色にも染め替えすることができないので、今後は自分の「色」を変えませんという誓いの意味が込められているとも言われています。
地色が黒の留袖を黒留袖と言い、生地には地模様の無い縮緬を用いて、裾部分にのみ模様が入っているものが通常です。
五つ紋を入れて既婚女性の第一礼装として使われ、現代では結婚式や披露宴で親族の既婚女性の正装として用いられています。