日本伝統儀式衣装友禅保存協会

CA-615(香寿蘭)色打掛

銘「香寿蘭」は初代章・二代目章がアトリエのぬくもりの中で温め、育み、磨き上げた一襲のうちかけです。
伝統とは革新の気風で鍛えてこそ「見事」は生まれます。
この香寿蘭は咲き誇る蘭を大胆にモチーフに選び、古い古い伝統工芸の「本手描友禅」「金彩工芸」「貝螺鈿工芸」の匠の業を終結しました。
白雅二重紋地に金箔の裏地など、作者が細部までこだわった贅沢な色打掛です。白地は女性にとても人気!洋花との組み合わせもとてもステキです。
和装を「伝統」という重厚的に着こなすのではなく、華やかで煌びやかに着こなすのが今風です。