桂由美

唐織花菱花の丸色打掛

花菱の柄を地模様に織り上げポイントに刺繍を施した、織と刺繍を併用した古典の打掛です。
地模様に使われているひし形は古くは土器などにも見られる文様で、平安時代には公家の装束にも使われた歴史ある文様です。
赤の地色に対して少し渋みを含んだ「古代五色」(朱・利休・紺・紫・黄)で花菱を織り込みレトロ感を表現しました。
打掛のポイントには金駒刺繍と横振り刺繍で花の丸文様を入れ華やかに飾りつけています。
花の丸文様は円の形から(縁)がつながるとされ、大変縁起のよい人気が高い文様の一つです。
すべての柄を吉祥文様で、織物と刺繍を組み合わせ作り上げた打掛です。